トップページ > 観光スポット > 見る > 名所 > 仙波東照宮

仙波東照宮

仙波東照宮

仙波東照宮は、喜多院第27世住職天海が徳川家康を祀った神社で、日本三大東照宮の一つ。
徳川家康の亡き後、遺骨を久能山から日光に至る道中に川越の喜多院に寄り、天海僧正が4日間法要をあげました。その後天海は高さ五間の丘陵を築きあげて立派な社殿「仙波東照宮」を造り上げたのです。

仙波東照宮 概略

元和2年(1616) 徳川家康 薨去
元和3年(1617) 3月15日 康公の遺骸を改めて日光へ移葬する為、久能山を出発
元和3年(1617) 3月23~26日 喜多院の大堂にて天海が丁重な法要を厳修
元和3年(1617) 9月16日 天海が家康像を作り大堂に祀る
寛永10年(1633) 11月16日 立派な社殿を造り、家康像を遷祀
寛永10年(1633) 12月24日 後水尾天皇より「東照大権現」の勅額を下賜
寛永15年(1638)1月28日 川越大火災が起こり、仙の神社、堂塔、門前屋敷まで延焼
寛永17年(1640) 5月 徳川家光の命により仙波東照宮の再建し、現在の社殿を竣工

仙波東照宮 ご朱印

仙波東照宮ご朱印

仙波東照宮のご朱印は、ここを管理している川越八幡神社で頂くことができます。

見所1 随身門

随身門

仙波東照宮は決して広い境内ではありません。小規模ながら見所は満載です。

まずは、仙波東照宮の玄関口 随身門(ずいしんもん)。
国指定重要文化財であるこの鮮やかな朱色の門をくぐると、本殿までの真っ直ぐな参道が伸びています。

文化財の詳細情報へ

見所2 石鳥居

石造鳥居

参道の途中に配置されたこの石造りの鳥居は、江戸時代(寛永15年/1638)に川越城主 堀田正盛が奉納したもの。
何気ない鳥居ですが、ここに建ち初めてかれこれ370年ほど。どれ程の参拝者がここをくぐり抜けたのでしょうか。

文化財の詳細情報へ

見所3 江戸城の手洗鉢

手洗鉢

拝殿手前に何気なく置かれているこの手洗鉢は、元々江戸城にあったもの。

寛永15年、川越大火で仙波東照宮が消失したのを知り、徳川家光は「東照宮再建計画!」を打ち立てたそうです。その命を受けこちらに移されたのでしょうか。

見所4 埼玉最古の狛犬

拝殿前に並ぶ2対の狛犬も江戸城から移設されたものです。はるばる江戸城から川越までようこそおいで下さいました。きっと栄転です。
ちなみに、埼玉最古の狛犬とされています。

石狛犬1石狛犬2

見所5 本殿・拝殿

本殿

徳川家康亡くなり、天海がこの地で遺骸を法要した後の、元和3年(1617)に建てられた仙波東照宮。
その後の大火で消失してしまい、現在の社殿は寛永17年に完成したものです。
ちなみに、普段は本殿と拝殿は敷地内へ立ち入ることは出来ません。正月や祭事がある際に扉が開き内部を見学することができます。

文化財の詳細情報へ

また拝殿は、本殿と同じく重要文化財に指定されており、内部には後水尾天皇の御染筆「東照宮大権現」の勅額や、「三十六歌仙額」が掛けれれています。

文化財の詳細情報へ

見所6 厳島弁財天

厳島弁財天

仙波東照宮より少し北側に位置する厳島弁財天。
社を取り巻く庭園は「葵庭園」と言い、5月下旬~7月上旬にかけてなんと蛍を見ることができます。

スポット詳細


名称仙波東照宮(せんばとうしょうぐう)
住所
埼玉県川越市小仙波町1-21-1
WEBhttp://kawagoe-hachimangu.net/
時間-
休み本殿・拝殿がある敷地内は、通常門が閉じられていることがほとんど。祭事やイベント時には開放されます。
料金無料
所要時間5~15分
駐車場喜多院 明星駐車場
指定国指定重要文化財(建造物): 東照宮 本殿付宮殿(円形厨子)
国指定重要文化財(建造物): 東照宮 瑞垣及び唐門
国指定重要文化財(建造物): 東照宮 拝殿及び幣殿
国指定重要文化財(建造物): 東照宮 石鳥居
国指定重要文化財(建造物): 東照宮 随身門 付棟札
国指定重要文化財(絵画): 三十六歌仙額
国指定重要文化財(絵画): 鷹絵額
川越市指定 史跡: 東照宮
川越景観百選: 仙波東照宮

 

仙波東照宮の詳細


名称仙波東照宮
創建元和3年(1617年/江戸時代)
祭神徳川家康
摂末社厳島神社(弁財天)
建物など本殿: 三間社流造、銅板葺
 └ 瑞垣、唐門
 └ 灯籠: 1対「明暦二丙申年七月四日 伊豆守松平信綱」
 └ 灯籠: 1対「寛文十一辛亥年八月四日 甲斐守松平輝綱」
 └ 灯籠: 1対「貞享四丁卯年十一月十六日 伊豆守松平信輝」
幣殿: 入母屋造、銅板葺(全面は拝殿に接続)
拝殿: 入母屋造、銅板葺
 └ 灯籠: 1対「元禄十五壬午年二月十六日 美濃守柳沢吉保」
 └ 灯籠: 1対「享保六辛丑二月十七日 伊賀守秋元喬房」
 └ 灯籠: 1対「享保十九甲寅年十一月三日 伊賀守秋元喬房」
 └ 灯籠: 1対「延享二乙丑年四月十七日 摂津守秋元凉朝」
 └ 灯籠: 1対「寛永二乙巳年六月五日 但馬守秋元凉朝」
 └ 灯籠: 1対「宝暦十四甲申年五月九日 但馬守秋元凉朝」
 └ 灯籠: 1対「安永八己亥正月二十二日 大和守松平直恒」
 └ 灯籠: 1対「寛政五葵丑年九月 大和守松平直恒」
 └ 灯籠: 1対「文化六己巳年十月 大和守松平直恒」
 └ 灯籠: 1対「弘化四丁未年十一月 大和守松平斉典」
狛犬: 1対
手洗鉢: 「御本城御社御寳前 寛永十口丁丑暦九月十七日」
絵馬掛所
明神鳥居: 「東照大権現御宝前 寛永十五年九月十七日 堀田加賀守従四位下藤原正盛」
随身門: 切妻造、銅板棧葺、八脚門
厳島神社: 入母屋造
 └ 明神鳥居
石碑: 「修理記念」
石碑
社務所
文化財国指定重要文化財(建造物): 東照宮 本殿付宮殿(円形厨子)
国指定重要文化財(建造物): 東照宮 瑞垣及び唐門
国指定重要文化財(建造物): 東照宮 拝殿及び幣殿
国指定重要文化財(建造物): 東照宮 石鳥居
国指定重要文化財(建造物): 東照宮 随身門 付棟札
国指定重要文化財(絵画): 三十六歌仙額
国指定重要文化財(絵画): 鷹絵額
川越市指定 史跡: 東照宮
ご利益出世開運
年中行事1月17日
4月17日
8月17日

 

アクセス


車でアクセス

関越自動車道「川越IC」より13分
圏央道「川島IC」より18分

公共交通でアクセス

徒歩
西武新宿線「本川越駅」より14分
東武東上線・JR川越線「川越駅」東口より20分
東武東上線「川越市駅」より18分
バス
バスの種類系統下車するバス停徒歩
1東武東上線「川越駅」東口,
JR川越線「川越駅」東口,
西武新宿線「本川越駅」
西武バス南古谷駅行き喜多院前バス停
3分
2東武東上線「川越駅」東口,
JR川越線「川越駅」東口
小江戸名所めぐりバス喜多院前バス停
3分
3東武東上線「川越駅」西口,
JR川越線「川越駅」西口,
西武新宿線「本川越駅」
小江戸巡回バス喜多院バス停
2分

 

バリアフリー・設備


バリアフリー・設備表示の見方・説明


車椅子は介助者がいることが前提の判定です

車椅子・ベビーカーの入場

車椅子NG ベビーカーNG 拝殿・本殿へは階段のみ(石鳥居・随身門は見学可)

路面状況

土砂利敷石アスファルト

バリアフリー情報

設備情報

ベンチ喫煙所自動販売機

 

参考書籍・リンク


参考書籍

川越市の文化財
川越市教育委員会

 

参考Web

参考その他

 
 

掲載の観光・地域スポット情報は2011年8月現在のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あってよかった!あったら便利!アイテム

» 仙波東照宮を、最大限に満喫できるアイテムはこちら!
本殿・拝殿エリアが閉じられていた際に…。

本殿・拝殿敷地内に入れない日が多いので、残念ながら遠くから見るか、単眼鏡などで覗くしかありません…。閉じられていても閉鎖的ではないので、玉垣や柵の間から十分に見学することができます!

コメント

» 仙波東照宮についてのコメントや、口コミ、おすすめ情報などがあれば、下記より投稿することが出来ます。お気軽にどうぞ。(*メールアドレスは表示されません。)
  • 山﨑幸子

    今年3月29日初めて東照宮を見学しました。川越に生まれ育って25年、結婚で当地を離れるまで、初大師しかり、学校から写生に行ったり、同窓会、クラス会の折、寄って、喜多院の中は入っていますが、本当に迂闊でした。桜満開の喜多院でしたので、今度は秋の喜多院を散策します。川越大好きな今川口人の後期高齢者になりかかっている戦中生まれの者です。