トップページ > 観光スポット > 見る > お寺 > 星行院

星行院

星行院

星行院は、もともとは喜多院の末寺。
火災によって歴史をしめす貴重な記録や秘蔵の品々は焼失してしまい、創建年などは不明。

開山は、天台宗門下の僧「仕慶」がしたとされています。

お寺の正式名称は「鶏鳴山 東雲寺 星行院」。古くは山号が啓明山としていたそうですが、いつの頃からか鶏鳴山に改称されたそうです。「平成小江戸川越 古寺巡礼」によると、「寺の説明によると、寺号の東雲山は”しののめ”とも読み、夜明けなどの意味がある。夜明けに鳴く鳥は”にわとり”だから、啓明を鶏鳴に改めたのでは、という。」

福田の獅子舞

福田の獅子舞

7月24日前後の日曜日に、お隣の赤城神社とともに川越市の無形民俗文化財に指定され「福田の獅子舞」が行われます。

→ 詳しくはこちらをご覧ください 「福田 赤城神社」。

スポット詳細


名称星行院(しょうぎょういん)
住所
埼玉県川越市福田424
電話049-224-3021
WEB
時間自由
休みなし
料金無料
所要時間5分
駐車場なし
指定川越市指定 無形民俗文化財: 福田の獅子舞

 

星行院の詳細


名称鶏鳴山 東雲寺 星行院(けいめいざん とううんじ しょうぎょういん)
宗派天台宗
本尊聖観世音菩薩
創建不明
開山・開基仕慶和尚
建物・仏像等本堂
文化財-
ご利益
年中行事
札所・霊場-
ご朱印

 

アクセス


車でアクセス

関越自動車道「川越IC」より22分
圏央道「狭山日高IC」より45分

公共交通でアクセス

徒歩
バス
バスの種類系統下車するバス停徒歩
1東武東上線「川越駅」東口,
JR川越線「川越駅」東口,
西武新宿線「本川越駅」
東武バス川越02, 川越03城西高校バス停
5分
2バス停
3バス停

 

バリアフリー・設備


バリアフリー・設備表示の見方・説明


車椅子は介助者がいることが前提の判定です

車椅子・ベビーカーの入場

車椅子OK ベビーカーOK

路面状況

砂利コンクリート

バリアフリー情報

設備情報

 
 

掲載の観光・地域スポット情報は2011年6月現在のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

コメント

» 星行院についてのコメントや、口コミ、おすすめ情報などがあれば、下記より投稿することが出来ます。お気軽にどうぞ。(*メールアドレスは表示されません。)