トップページ > 観光スポット > その他エリア > 八瀬大橋

八瀬大橋

八瀬大橋

川越市的場、入間川にかかる八瀬大橋(やせおおはし)。
橋長は239mで、橋の下には八瀬大橋緑地と的場緑地があります。休日になるとサッカーや野球をする人々やバーベキューをするグループなどで賑わっています。さらに橋の左岸(北側)には、入間川自動車道(サイクリングロード)が整備されています。

また、冬場で空気が澄んでいると橋から富士山がきれいに見えます。

八瀬大橋の風景

入間川にうつる八瀬大橋

入間川にうつる八瀬大橋

入間川の流れもおだやかで、上に架かる橋がキレイに写り込んでいます。

夕暮れ

夕暮れ

橋の上のお2人さんは、夕日が照らす風景でもながめているのでしょうか?

入間川フィッシング

入間川フィッシング

橋の下を流れる入間川では釣り人の姿も。奥に見えるのは水道橋。さらに先には安比奈親水公園があります。

 

スポット詳細


名称八瀬大橋(やせおおはし)
住所
川越市的場 入間川に架かる橋(県道114号線)
電話
WEB
時間自由
休みなし
料金無料
所要時間5~15分
駐車場なし
指定

 

入間大橋の詳細


橋名八瀬大橋(やせおおはし)
水系入間川
構造・形式連続鈑桁橋
橋長(m)239
完成年1993年(平成5年)
所在地(右岸)埼玉県川越市的場
所在地(左岸)埼玉県川越市的場
通行 車徒歩自転車

 

アクセス


車でアクセス

関越自動車道「川越IC」より8分
圏央道「狭山日高IC」より19分

公共交通でアクセス

徒歩
JR川越線「的場駅」より21分
バス
バスの種類系統下車するバス停徒歩
1西武新宿線「南大塚駅」川越シャトル23系統大袋バス停
14分
2バス停
3バス停

 

バリアフリー・設備


バリアフリー・設備表示の見方・説明


車椅子は介助者がいることが前提の判定です

車椅子・ベビーカーの入場

車椅子少し大変 ベビーカーOK 橋までは登り坂。

路面状況

アスファルトコンクリート

バリアフリー情報

介助盲導犬

設備情報

 
 

掲載の観光・地域スポット情報は2011年6月現在のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

コメント

» 八瀬大橋についてのコメントや、口コミ、おすすめ情報などがあれば、下記より投稿することが出来ます。お気軽にどうぞ。(*メールアドレスは表示されません。)